神戸酒屋 地酒・日本酒・焼酎・ワイン 酒のてらむら

お買い物 ご利用方法 メルマガ ブログ 携帯サイト 飲食店会員 店舗案内 お問合せ
2009年6月 一覧
七夕酒 [2009/ 6/29 19:35]
花火 [2009/ 6/25 20:09]
お梅ばあさんが、往く!! [2009/ 6/23 16:37]
男は、つらいよ。 [2009/ 6/20 19:50]
こっちの水はあ〜まいぞ!! [2009/ 6/18 21:14]
サマー [2009/ 6/12 14:34]
このナンバーにピンと来たら!? [2009/ 6/ 9 15:44]
梅 第一便到着!! [2009/ 6/ 8 15:05]
TE to TE [2009/ 6/ 7 18:14]
高級感 [2009/ 6/ 6 20:34]
お誕生日 [2009/ 6/ 4 19:59]
七夕酒
2009/ 6/29 19:35

7月7日は、『サマーバレンタイン』

この日に、七夕酒として「嘉美心」「春鹿」が入荷する。

先日、われわれの仲間の酒屋達が各蔵元に集まり「初呑み切り」が行われた。

初呑み切り・・・とは、貯蔵タンクの下部には、お酒を出すための呑み口がついている。その呑み口は、貯蔵するお酒を入れると封印をされる。その封印を切る。ことから「呑み切り」といわれる。

その「呑み切り」は、毎年梅雨明け頃から、蔵元の当主に杜氏、国税局の鑑定官などで貯蔵のお酒が異常がないか、熟成具合はどうかなどとキキ酒が行われ、評価をする。

昔は、酒屋が量り売り、ブレンドなどが出来たので桶ごとを各酒屋が買い求める行事でもあった。

この度「初呑み切り」に参加させてもらい、選んだお酒を特別に詰めてもらった。

嘉美心(かみこころ)さんは、タンクNo.36号
やさしい口あたり、ほのかな香りと旨みが、口の中で溶けて無くなる・・・そんな感じ。

春鹿(はるしか)さんのは、タンクNo.255号
フルーティーな爽やかな香りにキレのある軽快なお酒。

価格は、720ml 1,575円也!!

年に一度しか会えない、織姫と彦星にピッタリのお酒かな?!

如何です?あなたも特別な人と一献といきません???

花火
2009/ 6/25 20:09

きれいな紫陽花です。

S荷葉さんの生花。

いつも、花器にお花にと・・・

粋に、わびさびに、趣ある心づかいがある。

二種類の紫陽花が生けてあるが、右にあるオーソドックスなのと、左の紫陽花が「隅田川の花火」だそうだ。

ロマンチックな名前だ。


東京隅田川の花火・・観たことないけれど 

浴衣かげに団扇をもって眺めたいような・・・。

すっきりした打ち上げ花火を思わす。

天空で、パッと開いたその瞬間、白いガクが周りを彩る。

豪華絢爛でない花火に、日本の粋さを感じる。

蒸し暑い日中の一服の涼だった。



お梅ばあさんが、往く!!
2009/ 6/23 16:37

梅も後半戦

梅酒のお客さんは、ひと段落。
でも、完熟梅で漬ける方は、今週末くらいまでにご来店の予定。

そんな中、我が家のお梅ばあさんは、梅干し作りに大忙し!!

2,3日前から塩漬けしていた梅を本漬けへ。

紫蘇を入れて艶やかに色づいた梅干し。

梅干しといっても、まだ干していない。

この作業が、大変な作業なのだ。(@_@)

この続きは、来月の土用干に続く・・・。

男は、つらいよ。
2009/ 6/20 19:50

6月の第3日曜日は、「父の日」。

母の日は、カーネーションを贈ったりしてというところから始まり、かなり定着したイベントになっている。

が・・・・。

父というのは、つらい・・・。

母に贈る歌は数しれず、父に贈る歌は、なかなか思い浮かばない。先日、天国に逝ってしまった忌野清志郎氏の「パパの歌」、河島英吾の「時代おくれ」など・・・わずか。

小生も、幼稚園、小学生くらいまでは、オヤジに似顔絵などを書いて(授業の課題)贈ったが、その後プレゼントをした覚えが無い。

それが、最近のマスコミ等のお陰で「父の日に贈る!!」が少しづつ市民権を得てきたようだ。

今日も駆け込みで、お酒を選びに来られる方がたくさんお見え頂いた。

感謝!!感謝!!父としても感謝!!

明日、満面の笑みでお酒を呑まれている姿が目に浮かぶ。

そうそう、当店は「遅れてゴメンネ!お父さん!!」で来週もやってますよ!!

ちなみに写真の顔は、娘が書いた小生。
湊川市場のパークタウンに貼り出されている。

いつまで、贈ってもらえるものだか!?(^_^;)




こっちの水はあ〜まいぞ!!
2009/ 6/18 21:14

♪ホ・ホ・ホ〜タル来い!!

今、写メールが届きました!!

嫁さんが実家に今夜から子供たちを連れて帰っている。

毎年、この時期は、実家の裏にある川にホタルが乱舞する。
この光景は、見てもらうのが一番なのだが・・・。

川沿いの茂みが、フウァ!フウァ!と盛り上がるように黄緑色の灯りが点滅する。

これが一か所でなく、川べり一面で点滅している。
全体が生き物のようだ。

子どもたちの反応は、年々良くなっているようで・・・。(;一_一)

上の娘は、ホタルを追っかけて網で採ってくれているおじいちゃんに「プチじ〜じ、かっこいい!!」と叫んでたそうで、お義父さんは、その声に応えようと走り回ってたそうで・・・。(^_^;)

下の息子は、暗闇の中、飛び交うホタルを見て「きれいね〜!!」と言いながら、森の中から聞こえるフクロウの声やカジカ?のようなカエルの鳴き声に興味津津だったようだ。

今回実家に帰ってる目的は、「プチじ〜じ」(プチは、実家で飼っている犬の名前)ことお義父さんへの父の日なのだが、疲れさせてるようで申し訳ない。

というわけで、小生の「父の日プレゼント」は、日曜日までの独り寝ですわ!!
サマー
2009/ 6/12 14:34

奥播磨 純米吟醸 夏の芳醇超辛 生酒 が入荷しました。

別名 サマー (青ラベル)

小生と得意先の料飲店さんとで呼んでいるので、決して他のお店で「サマー下さい!!」と言っても何も出てきません。悪しからず。(^_^;)

気になるお味ですが、香りさわやかにして、味わいは、旨味もあり、キレがある。余韻も長く・・・。

ひとことで、旨い!!

しぼりたての純米酒などからもっとスッキリとしたイメージをもっていたのですが、半年の熟成なのか・・・、ふくらみがある奥播磨らしいお酒になってますよ。(^^ゞ


このナンバーにピンと来たら!?
2009/ 6/ 9 15:44

灘にある神戸酒心館の営業部長T中さんとニューフェイス S木君。

6月10日より発売の酒心館  純米無濾過生 青ラベルの夏バージョン 初呑み切りを発売前に持って来てくれた。

早速、試飲・・・・。

まずは、香り・・・。
ほんのり甘みのある柔らかい香り。

そして、味は・・・。
ジュルジュルじゅる(舌の上で転がしている)
そのまま口に含んで、香りを鼻に抜けさせ・・・。

おお〜、しっかりとした酸と旨味が絶妙。

うん、いいでないかい!?

というわけで、一日早く本日入荷しました!!

そうそう。最近の営業車って、社名とか銘柄とか書かなくなってきてますねえ。
いろいろ訳があるのだろうが・・・。

そこで、酒心館こと福寿(ふくじゅ)さんの車は、「29−10」ということだそうだ。(*_*)

ウチの美味小家号は・・・目立ってしょうがない。(;一_一)



梅 第一便到着!!
2009/ 6/ 8 15:05

ふわ〜〜と広がる甘酸っぱい香り!!

今朝、和歌山の滝川農園さんから「南部南高梅」(みなべなんこうばい)が届いた。

いよいよ今年も、これからの2週間ほど梅との格闘が始まる。

この滝川農園さんの梅は、以前TVショーの「どっちの料理ショー」で本日の特選素材で取り上げられた逸材だ!!

この梅を触っていると元気が出てくる。
何故だろう?
きっとこの香りのお陰だと思う。

うちの母親も一段と元気になる。
自称「お梅婆さん!!」と言うだけあってお客さんの梅干し漬けのお手伝いに大忙しだ。

これからしばらく梅ネタの日記に・・・。

よろしくお願いします。m(__)m



TE to TE
2009/ 6/ 7 18:14

元町の海岸通・乙仲通には、お洒落なギャラリーブティックや洋食屋さん、Barなどなど気になるお店がいっぱいある。

一度、その通りに入るとなかなか抜け出せない・・・。

そのひとつのギャラリー「6word」で嫁さんのママさん友達が手作り衣類の初個展を6月14日までしているというので、家族でお邪魔した。

嫁さんのママ友と侮ってはいけない。

ひとつひとつの作品は、ナチュラル系のお洒落なものばかりだ!!

かなり人気があるようで、買ってもらった後の補充に悪戦苦闘中だそうだ。
手作りの良さだから、これもってしょうがない・・・。

いやいや今日は、世の女性たちのパワーを再確認。
男性陣、負けてはおれませんぞ!!(^_^;)

気になる方は、下記のHPをご覧ください。
http://tetote2008.exblog.jp/

高級感
2009/ 6/ 6 20:34

いよいよ のシーズン到来!!

みなさん、「ジャン・フィユー」オードヴィー リキュールをご存じですか?!

まずは、コニャックの説明を・・・。
ブドウの蒸留酒であるブランデーの中でも生産地と製法をフランス政府が認めたものだけにこの名が与えられるお酒がコニャック。
仏語で【オー・ド・ヴィ】=【命の水】と呼ばれている。
世界で六つの畑からしか原料のブドウは採れず、二回蒸留したあと、オークの樽で熟成させます。
そのまろやかさと深い味わいはアルコール度数40%とは思えないほど繊細で優しくコクがある。

そのコニャックメーカーの中でも一世紀以上続いているジャンフィユー社は、現在ではコニャック地区唯一の家族経営のコニャックメーカーであり、すべての商品において“PREMIER CRU DU COGNAC(プルミエ・クリュ・デュ・コニャック)”の公式名称を持ち、最高品質のコニャックを産する“グランド・シャンパーニュ地区”のものである。

なんか、難しいことを書きましたが・・・。
要は、こだわり者には、たまらない「ジャンフィユー」なのです。

それを、山梨の笹一酒造が樽詰めで輸入し特別にそのままリキュール化。
酒税を・・・。コストダウンを実現。

香りに口当たり、加工に使うのももったいないくらい。

今年は、ちょっと高級な梅酒にチャレンジされては如何?!


お誕生日
2009/ 6/ 4 19:59

誰のお誕生日でしょう???

正解は、おばあちゃんの68回目のお誕生日!!

お店の事務所でのひとコマ。

子どもたちは、兎に角ロウソクの火を消したくて・・・

この後、3回のハッピバースディを唄う訳で・・・。

おばあちゃん、いつも仕事に子供たちの面倒にありがとう!!

体に気をつけて、これからもよろしく!!

追伸
今日、板宿のYうりさんに「最近育児日記になってるなあ」とご指摘されちゃいました。(^_^;)


神戸酒屋 酒の美味小家 てらむら Copyright sake-teramura.jp. All rights reserved.