神戸酒屋 地酒・日本酒・焼酎・ワイン 酒のてらむら

お買い物 ご利用方法 メルマガ ブログ 携帯サイト 飲食店会員 店舗案内 お問合せ
2009年5月 一覧
田植え [2009/ 5/31 19:52]
COEDO [2009/ 5/26 18:48]
おたふくまめ [2009/ 5/24 10:48]
コングラッチュレイション! [2009/ 5/23 15:15]
隠し酒 [2009/ 5/21 21:33]
ごっちゃんです! [2009/ 5/15 20:47]
マザーズディ [2009/ 5/13 19:56]
ちちんぷいぷい!? [2009/ 5/11 10:43]
この酒凶暴につき… [2009/ 5/ 8 21:34]
なんと?南都! [2009/ 5/ 4 10:43]
初体験 [2009/ 5/ 2 20:05]
田植え
2009/ 5/31 19:52

田植えしてきました!

一年通してのアカデミー『お酒塾』
お米作りから酒造りまでの4回の体験ものの田植え編になります。

昨夜からの雨が朝まで残り、どうなるものかと・・・。

いやいや、田植えを始める頃からは陽がさしてきました!!

料飲店の店主にスタッフ、当店のお客様にそのお子さんと参加者は、総勢47名。

最初は、田圃に入らないなどど言っていたわが娘。
みんなの作業を見ていて、「ホノもやりた〜〜い!!」
その後は、キャハハハ!!にゅるにゅる!!きゃ〜〜!!

そんな娘もおばあちゃんに手ほどきしてもらい、「これくらい?ここ?どう?」などど・・・腰つきはイッチョ前です。(^_^;)

参加者も負けず劣らず(もちろん大人ですが・・・)ウァ〜〜キャ〜〜とにぎやかに。

何とか無事終了。
曲がりくねった苗も心地良い風に揺れていました。

その後は、バーベキューに昨年ここで出来た山田錦で醸した「集和醸米」とで舌鼓を打ちました。

この田植え紀行は、後日ご報告いたします。

追伸、帰り道 新三田のパテシエエス小山に寄ったのですが、駐車場の警備員さんに誘導してもらい入ろうとすると「納品ですか?」と一言。

小生の運転する車、俗名「美味小家号(うまごやごう)」そう配達の車だったからのようだ。(^_^;)

お目当ての「小山ロール」はゲット出来たのは言うまでもない。
COEDO
2009/ 5/26 18:48

いつの間にか、見ることがなくなった「地ビール」。

一時は地酒に倣って地ビールと呼ばれていたが・・・。
地産原料を使うわけもでも、地元で呑まれていたわけでもなく・・・。

近頃は各地で小規模なブルワリーが原料・製法にこだわって個性的な上質なビールを丹念に造っているビールを「クラフトビール」と呼んでいる。

というわけで、江戸の台所として栄え「小江戸」とも呼ばれる埼玉県川越市にあるコエドブルワリーをご紹介。

瑠璃 Ruri クリアな黄金色をした透明感ある爽やかな飲口。 軽やかな口当たりで飽きがこずイケるタイプ。

伽羅 Kyara 赤みがかった深い伽羅色。濃厚でなめらかな味。少々温度が上がっても楽しめまそう。

漆黒 Shikkoku 艶やかな黒色ときめ細かな泡の熟成タイプ。重すぎないまろやかさと軽さのバランス絶妙。

白 Shiro 無濾過ビールならではのなめらかな白濁色をした小麦のビール。爽やかながらコクあり香りは甘い果実。

紅赤 Beniaka 赤みがかった琥珀色をした熟成タイプ。上質の麦芽と薩摩芋から生まれた香ばしい甘味と豊かなコクがある。

以上の5タイプ。

それぞれの味わいをじっくりとお楽しみあれ!!
おたふくまめ
2009/ 5/24 10:48

里帰りしている嫁さんからメールが届いた。

家のまえの畑で「おたふく豆」を収穫というか、もぎ取っている子供たち。

この後、電話したら娘が「きょうは、おじいちゃんとシンタマとオタフクマメさんとおいしいイチゴと・・・とったんだよ!!」と声を弾ませて話をしている。

シンタマ??・・・玉ねぎ。

おじいちゃんの言ってる言葉を覚えての報告のようだ。

こちらでは、できない体験だ。
有難い。

嫁さん曰く「二人ともまた、日焼けして真っ黒やわ〜」

小生も小さい頃は、母親の里(滋賀県)に夏休み、冬休みと兄弟で送りこまれ?、いとこ達と野山に田圃、川にと走り回ったものだ。
こういうことは、三つ子の魂百までで一生忘れない。

お義父さん、お義母さん、いつもありがとうございます!!これからも、いろいろ教えてやってください。

で・・・、小生は、おたふくまめを待ってま〜〜す!!
コングラッチュレイション!
2009/ 5/23 15:15

神戸北野のT舎さんのジュニアこと小さなおじさんK君が、結婚の披露宴をする。
左となりは、店主のO田さん。

ご存じのとおり今、神戸は大変な時だ。

K君は、招待する皆さんに連絡してマスクを送ったそうだ。

みなさん、神戸に来て下さい!!

そして、K君おめでとう!!末永くお幸せに!!

楽舎のHPは、こちら。
  ↓  ↓  ↓
http://www.tanoshiya.info/

隠し酒
2009/ 5/21 21:33

隠し酒・・・。

『隠し』という響きは、そそるものがある。

だからといって、むやみに使っても意味が無い。

ということで、蔵元の秘蔵のお酒を入手!!

開花 純米吟醸 無濾過生原酒 平成20BY 
自社田で蔵人たちが栽培した「雄町」米を使用した。華やかな香り、濃密な味わいがふくらむ。

窓の梅 木桶仕込み 生もと純米 三年古酒 平成17BY
木桶仕込み特有の濃厚な味わいに、熟成による深さと丸みが加わりまさに秘蔵の一本。

日置桜 蔵付酵母 特別純米 平成19BY
蔵の独自酵母で仕込んだお酒は、一年の熟成で穏やかな香り、ふくらみと抜群のキレあるお酒になりました。お燗がおすすめ!!

以上の3本の隠し酒。

いつもと違う楽しさが・・・ありますぞ。

ごっちゃんです!
2009/ 5/15 20:47

「三つ葉とホタルイカの干物」です。

三宮の家庭料理「Kりのすけ」のS藤夫妻から里帰りした富山のお土産です。
いつもお気遣いいただき感謝感謝!!

奥さんのご実家の山で採れた三つ葉は、野生、原生のもの。
葉っぱは、少し硬めだそうで、きざんで味噌汁なんかにいれるのがよいそうだ。天ぷらもおいしそうだ!!茎は、オシタシかな?

もうひとつのお土産「ホタルイカの干物」
これがもう絶品!!

漁師さんから直接わけてもらったそうだ。

食べ方は、簡単。火に炙るだけ。
しか〜〜し、火は、ライターで!!

ちょっとだけ、炙る・・・・パチパチ・・・。

ひと口・・・あ〜〜!!日本酒が欲しい!!

口の中にイカスミが蕩け出る。
思い出すだけでも、生唾もの。

子供たちもしがんでいる。

これも、我が家の「英才教育」「スローフード」だ!!


マザーズディ
2009/ 5/13 19:56

5月第2日曜日は、母の日。

と言うわけで・・・。

母親と嫁さんの二人の母と子供たちとで『癒しの森のガーデン カフェ レストラン Alice』に行ってきました。

お母さん達への感謝の日なのですが・・・。

小生も楽しんで来ました。(^_^;)

有馬の裏にあるこのお店は、道から少し山の中へ・・・。川添いの道を300mほど入ったところにある。この道も脱輪しそうな小道だ。

たたずまいは、欧風メルヘンチック。
うちの二人のお母さんもハイテンション。(^_^;)

お料理も三田牛にオーガニック野菜などなど、締めは手作りケーキとスローフードを大満喫。

子どもたちは、お庭を走りまわって・・・。

ゆっくりとした時間を楽しめた一日でした。

来月の父の日は・・・???






ちちんぷいぷい!?
2009/ 5/11 10:43

5月9日10日に地元の「新開地音楽祭」があった。

小生も消防団として警備に出てたわけで・・・。(来週も神戸まつりの警備が・・・(*_*))

今年で9回目になるこの音楽祭も晴れたことがほとんど無く、昨年はストーブにあたっての演奏だったような???今年は、暑すぎた!?

内容は盛りだくさんでジャズ、吹奏楽、ロックに、もちろん演歌、ロカビリーなどなど、音楽以外にもフリーマーケット、屋台と素人・玄人ともに楽しめる。

お〜〜!!出会ってしましました!!

小生は、この方に出会ったのが一番だった!!

「(アナウンサーを除いて)西日本で一番たくさんテレビに出演している放送局員」を自称してはる、毎日放送の石田英司氏!!

そう毎日放送の「ちちんぷいぷい」に出演されている石田英司氏だ!!

ある時見た「ちちんぷいぷい」で誕生日の話題で小生と石田氏が同じ誕生日だったことがわかり、他人とは思えなく(^_^;)勝手に思ってしまっている。
確か・・・同じ毎日放送のアナウンサー西靖氏も同じ誕生日だったような?

話が逸れたが、石田氏のコメントというかしゃべりは、メチャメチャ勉強になる。
なんとも言えない絶妙の間で、政治ネタから雑学ネタまでバッタバッタと斬る!!
博学だ!!

特に、物事の裏表などをやんわりと噛み砕いて解説してくれる。そして、それからの展開などの予想など聞いてるだけで、納得してしまう。

なぜ政治家の先生たちは、こういう人をブレーンにもたないのだろうか?
もっと世の中は、良くなると思うのだが・・・。

最後に、写真を撮っていただいた奥様?と快くお時間いただいた石田氏に感謝!!感謝!!


この酒凶暴につき…
2009/ 5/ 8 21:34

「夏のどぶろく」が入荷しました!!

今年もかなり狂暴ですぞ!回す手が力みます。ドキドキします。何故か、息が止まります。・・・苦しい!!

百楽門の「どぶろく」は、酵母が生きている生の「どぶろく」。
しかも、どんどん噴き上がってくる強活性です。
夏用にアルコール度数を少し控えめ(14度)にし、お米の粒つぶもありますが、さわやかで軽快な「どぶろく」に仕上がってます。 

首掛けには、下記のような注意書きが・・・・

まず、お酒が噴きこぼれます。開栓にご注意ください!衝撃を与えないで下さい。
@開栓するには氷水などに漬け十二分に冷やしてください。
A左回りに栓を1/4〜1/3程度回し、栓をゆるめます。液面が上がってくると、一旦、栓を締め、液面が落着くまでお待ちください。
Bこの工程を繰り返し、液面が上がってこなくなってから、開栓してお飲み下さい。

ここまでしても・・・。
噴きます!噴きます!(坂上二郎風!)

だから、当店の百戦錬磨のお客様は、ここはあきらめて、開栓するときは、飛び散ってもかわまない、お風呂場で、下にボウルや鍋などを用意して、噴いてくるお酒を受けながら開けている。

30分かかったとか、無事開栓できたとメールなどで連絡をもらう。

こうして、写真を撮っている間にもモロミからプクプクを泡が出ている。

どうですか?このじゃじゃ馬娘を呑みたくなりました??
なんと?南都!
2009/ 5/ 4 10:43

この方、お兄ちゃんです!!

春鹿醸造元 今西清兵衛商店の社長今西清隆氏

昨日は、日曜日ということで、古都奈良へ行って参りました。(^O^)/

ETCの恩恵をとも考えましたが・・・・。
渋滞と大人数のため車も2台でも乗れるか???という大人7人に子供5名の13名。
今回は、阪神・近鉄直行電車で奈良入り!!

いや〜〜、すごい人・ひと・ヒト・man・woman!!
東大寺などの参道は、初詣?かと間違うまでの状態。
外国の方が多い!!
さすが、世界遺産!!
鹿も煎餅の食べ過ぎで煎餅を口元に持っていっても見向きもしない。(;一_一)

と、いうわけで・・・
春鹿さんにお邪魔して参りました。

蔵の中というか、店内もお客さんでいっぱい。
きき酒(有料、グラスプレゼント付き)コーナーでは、社長直々の接客と皆さん大忙し。

社長お忙しい中、ありがとうございました!!

みなさんも奈良に行かれる際は、是非お立ちより下さい!!

帰りには、子供たちは人力車に乗って大はしゃぎ!!

高速餅つきの中谷堂でよもぎ餅を頬張り・・・と南都奈良を満喫した休日でした。



初体験
2009/ 5/ 2 20:05

GWに入って 妹夫婦が東京から帰って来た。

ETCの1,000円の恩恵を受けるために、車で・・・昨夜?というか今朝こちらに到着。
途中、若干の渋滞もあったそうだが、無事乗り切ったそうだ。

きっと、このように大移動をしている人は、半端な数じゃないだろう!?

今、クロネコさんが山形の大山さんの蔵元直送便を持ってきてくれた。
夜9時前ですぞ。お疲れ様です。ほんま。
クロネコさん曰く、高速道路の渋滞で到着が遅れているらしい・・・。(*_*)

ETCの恩恵ととばっちり!?

GW・・・、当店は平常とおり日曜しか休みません。
よかったら、のぞいてください。m(__)m

で、妹夫婦のお土産「花畑牧場 生キャラメル」を初舐めさせていただきますわ。

これは、恩恵かな???

神戸酒屋 酒の美味小家 てらむら Copyright sake-teramura.jp. All rights reserved.