神戸酒屋 地酒・日本酒・焼酎・ワイン 酒のてらむら

お買い物 ご利用方法 メルマガ ブログ 携帯サイト 飲食店会員 店舗案内 お問合せ
2009年4月 一覧
燃えよドラゴン!!  [2009/ 4/29 20:29]
夏の生酒 2009 [2009/ 4/27 20:29]
こんなん出来ました [2009/ 4/25 20:29]
何億年前? [2009/ 4/24 20:43]
帰って来た夫婦! [2009/ 4/20 19:44]
和田山 雄町 生 [2009/ 4/17 18:47]
11年に一度 [2009/ 4/13 11:17]
ナノバブル!? [2009/ 4/ 9 19:54]
朝ご飯 [2009/ 4/ 2 18:08]
燃えよドラゴン!! 
2009/ 4/29 20:29

♪チャ〜ン チャチャッ!!
ウォ〜アチャ〜〜〜!!(ブルースリー風?)

昨年大好評でした「龍力 純米ドラゴン」が限定入荷しました。

龍力 五代目 本田龍祐氏が仕込んだお酒。
昨年の登場後、あっという間に完売したお酒だ。

このお酒の原料米は、「兵系79号」という山田錦と西海134号を掛け合わせた試験米。
そう来年までの試験限定醸造というわけです。

コンセプトは『甘みは旨味』

旨味もしっかりあるが、後味スッキリ。

辛口しか駄目というあなた!!
一度如何ですか?

旨味も悪くないって思うはず!!
きっと、新しい世界が広がる・・・かも?!


夏の生酒 2009
2009/ 4/27 20:29

寒の戻りにしては・・・ちょっと遅すぎますね。(*_*)

皆さんお風邪などひかれてませんか?

今夜は、お燗酒が欲しいですねえ。

と、いいながら「夏の生酒 2009」のご案内です。

今年の生酒の神戸・大阪・東京での試飲会での注目された人気のあったお酒をご紹介!!

うまみたっぷりでハツラツとした酸がいい!大七 生酛純米生原酒
グッドデザイン賞!ミントのような爽やかな風味。スッキリ爽快シャープ。司牡丹 船中八策 零下貯蔵生酒

ジュワァ〜っと溶け込むように広がる旨みが心地よく、口中にずっと入れておきたい!宗玄 純米生酒

お米由来の軽やかな甘さを感じる。天寿 米から育てた純米酒 生酒

ふくよかな旨味コクが香味に厚みを持たせた「うまい!!」と唸らせる!都美人 山廃特別純米原酒生

などなど・・・これからも、ぞくぞくと入荷しますよ!!





こんなん出来ました
2009/ 4/25 20:29

先日、お客様から贈り物のご依頼がありました。

と言うわけで・・・・。

こんなん出来ました!!

お酒は、富久錦さんです。

ラベルは、小生が書かせて貰いました。(^_^;)

お客さまのお気持ちをお届するわけで・・・

字を書くのは緊張するのですが、喜んでいただいてることに感謝感謝です。

W邉さ〜〜ん!!お待たせいたしました!!


何億年前?
2009/ 4/24 20:43


いつものように今日もS荷葉さんに配達に行ったら「ちっっと舐めてみる?」と店主のI垣さんに言われた。

冷凍庫からおもむろにビニールに包まれたものを出してきた。
なんかしっかりとした重みある様だ。

ガサガサガサ・・・。

白い塊が・・・。

欠片を口の中へ。

プチプチ音をたて、舌の上で弾いている。

何、何、何???

なんとこれ「南極の氷」!!!

こちらのお客さんが船医をされていて、その方のお土産だそうだ。

焼酎のロックをする時に使ってるとのこと・・・。

グラスの中でプチプチというよりパチプチ?って感じで氷の中の空気が弾け続けながら溶ける。

この弾ける空気は、いつの空気だろう???(*_*)
何万年、いや何億年なのかもしれない。

あ〜〜、なんて贅沢なロックなんだ!!

今ならこちらで浪漫一杯のロックがいただけますよ!!



帰って来た夫婦!
2009/ 4/20 19:44

ご覧いただいた写真わかりますか?

ツバメの夫婦です。

10年ほど前からガレージの入り口に巣を作りだした。

一度、心無い小学生達に水鉄砲で巣ごと落とされた。
それから2.3年・・・もっとかな・・・、寄り付きもしなかった。

それが、2年前から帰って来た。

今年は、4月の一週目頃に帰って来た。

帰って来たといっても、去年のツバメかどうかはわからないが・・・。(;一_一)

何故か、うれしい!!

糞もするし、車も汚れるし・・・。

でも、何故かうれしい。

もうすぐ、ヒナがピーチクピーチクと親からエサを啄ばむ姿が見れそうだ。



和田山 雄町 生
2009/ 4/17 18:47

竹泉さんの和田山産雄町の純米吟醸 夏生が入荷しました!!

昨年は、1000L瓶があったあのお酒です。
今年は、720ml瓶と1800ml瓶の2タイプ。

今年の出来は、香りはメロンのようなフルーティーな香り、口当たりはやさしく・・・でも旨味が口中に広がる。見た目よりちょっと肉づきのいい娘?!着やせするタイプ???(@_@)

オンザロックでキレUP!!





11年に一度
2009/ 4/13 11:17

♪祝いめでたの 若杉様よ
  枝も栄えて 葉も繁る 葉も繁る
           千代の神いさめ ハッ!!

しゃーんとせー! しゃーんとせー!

神戸の下町に150名ほどの男達の声が響く。

生田神社の生田祭神幸式(おわたり)が昨日あった。
総勢1000人を越える時代行列からなり神戸に春を告げるお祭だ。
この行列には猿田彦神役(行列の先頭役で方位除の神)を先頭に梶原武者(源平の戦いの際、生田の森の合戦にて活躍をした源氏方の武将)獅子舞、子供みこし(男女の小学生からなる)今年は、三つの神輿になった。お稚児さん(装束をまとい化粧を施した可愛いい幼児)もちろん両親に両祖父母とこれまた大所帯。
そして、神輿(150名を越える若き男性が勇壮に練り歩く)からなりその行列は凡そ2Kmに迄わたる。
この生田祭は、神戸の町を各11地区に分割し11年に1回の臨番にて行っているお祭り。

小生も小さい時は、稚児にでて、子供みこし、そして8年前は、大人神輿も担いで!!と生田祭には参加してきた。

昨日は、小生の当番地域ではないので、消防団での警備での参加だった。

ということで、お酒もいただけず・・・。
三年後の当番の時は、担いだ方がおもしろいかな!?

もちろん、その後の消防団での御苦労さん会は、延々続いたのは、言うまでもない・・・。(^_^;)


 

ナノバブル!?
2009/ 4/ 9 19:54

にこやかに赤いボトルをお持ちの方は、山口県岩国市にある村重酒造「金冠黒松」の杜氏 日下信次さん!!

今日は、大阪でのお酒の会の前にご来店いただいた!!

で、「ちょっと呑んでみて!!」と2本の赤いボトルを差し出された。

ひとつが、「純米大吟醸 45% 山田錦」もうひとつが「純米 60% 山口県産 西都雫」。

そして、このお酒から村重酒造が、変わると言うのだ。

話を聞くと、窒素をナノバブルで充てんしているという???

どういうことかというと、水もお酒も中に酸素がいくらか溶け込んでいる。これを溶存酸素というらしいのだが、これを含め空気に触れることで酸化が始まる。
この溶存酸素を追い出し窒素を充てんすることで、劣化しにくいお酒になるという。

これは、徳山高専の大成教授との共同開発だそうで、窒素を逆に酸素に変えてナノバブルを通した海水で牡蠣を養殖したら元気になって大きくなるそうだ。

いろいろ出てくるもんだ。

日下杜氏曰く、「酒造りがまた楽しくなってきました。次の造りをどうしたろうか。と、今からわくわくしてます」とのことだ。

もちろん、お酒は、2009年春季全国酒類コンクールで「吟醸・大吟醸部門」で「金冠黒松大吟醸 錦」が一位になっている。

今日紹介のお酒は、まだラベル等の作成中で4月下旬頃に入荷予定。しばしのお待ちを!!
朝ご飯
2009/ 4/ 2 18:08

朝マックならぬ朝Kが山!!

配達に行くと着流し姿で「4月からこんなん始めました!!」とKが山のH垣さん!!
男前のH垣さんにちょっと見とれていると・・・。(そっちの趣味はありません。(^_^;))

目の前に差し出したもの。
なになに???(@_@)
『朝食 AM8時〜11時 美味しい朝ごはんは一日の活力源』 と書いてあるメニューを見せてくれた。

お〜、「朝Kが山」やないですか!!

朝御膳とある内容は、旅の旅館の朝ごはん?!
そんな、体に心にやさしい感じだ。

お店のある場所は、JR神戸駅の東北にある。

ビジネスマンの強い味方になりそうだ。






神戸酒屋 酒の美味小家 てらむら Copyright sake-teramura.jp. All rights reserved.