神戸酒屋 地酒・日本酒・焼酎・ワイン 酒のてらむら

お買い物 ご利用方法 メルマガ ブログ 携帯サイト 飲食店会員 店舗案内 お問合せ
2009年2月 一覧
とんつぁん [2009/ 2/27 19:31]
アカデミー賞 [2009/ 2/23 18:04]
♪森一番の〜! [2009/ 2/21 19:30]
39蔵勢揃い!! [2009/ 2/19 20:01]
復興の一本 [2009/ 2/18 20:00]
ぷち梅だ〜! [2009/ 2/16 20:12]
は〜〜くっさめ!! [2009/ 2/14 20:02]
梅は咲いた〜か!? [2009/ 2/ 9 19:17]
立春です! [2009/ 2/ 4 20:52]
友、遠方ヨリ来タル [2009/ 2/ 3 20:38]
只今 仕込み中! [2009/ 2/ 1 20:39]
とんつぁん
2009/ 2/27 19:31

早いもので2月もあと二日。
酒造りも終盤戦を迎えました。

そこで本日届いたお酒!!「金龍蔵 純米吟醸 しぼりたて生原酒」をご紹介。

この金龍蔵は、宮城県一迫(いちはさま)もう裏山を越えるとそこは岩手県という地に昔ながらの造り酒屋の風情を残し、岩山を背負うようにたたずむ蔵元。
南部杜氏の伝統の造りを未だ変わることなく継承し続けている。その先頭に立ってるのが 杜氏 照井丸實のとんつぁんだ!!

「とんつぁん」とは、杜氏のこと、関西では、「おやっさん」と呼ぶことが多い。東北弁での「とんつぁん」はええ響きですぞ!!

酒造りには、大変厳しいが我々にはメッチャやさしい朴とつなとんつぁん!!が、今年のお酒の状況を教えてくれた。
蔵は、お米を蒸す釜の熱源が重油バーナーからボイラーになり、お米の収穫時期の天候不順だったことや、それに例年に無い気温の高いことでの造りに与える影響などが不安要素だったそうだが、蔵人たちの結束で細心の管理をしてくれたことで、アミノ酸が例年より低い傾向で雑味の少ない、吟醸香が立ち、香味のバランスが取れた味わいになったそうだ。

さっそく一口!!香りは、甘くフルーティーな香りが立ち、口に含むとなんとも言えない柔らかな味わい、そして余韻。
春の穏やかさを感じるお酒だ!!

とんつぁん曰く、金龍蔵 純米吟醸しぼりたて生原酒でお確かめください。とのことですぞ。
アカデミー賞
2009/ 2/23 18:04

もう、ご存じだと思うのですが・・・。

やった〜!!やりました!!

久しぶりに日本にうれしいニュースが届きました。

映画「おくりびと」が、アカデミー賞 外国語映画賞をみごと受賞しました!!

日本を出発する主演の本木雅弘さんらのニュース映像でジャケットに日の丸のピンバッチを付けてるのを拝見した。
言葉としては無いが、小生には日本を背負っての出陣に見えた。
だからか、この知らせを、車のラジオで聞いた時は、思わず叫んでしまった。その後は、鳥肌が立ち涙が出そうになった。(涙腺がゆるくなったのは年のせいだろうか?)

WBCで盛り上がっている侍ニッポン!!
イチローはじめとする選手たちが、日本の為に!!と挑もうとしている。

それにしてもこの国の政治家は、何をしてはるのか?
ウダウダ会見の根源を風邪薬、お酒を悪者にして・・・・。
酒は、飲んでも呑まれるな!!だ!

今夜からアメリカに行くA生総理!
命懸けて、ニヤニヤしとったらあかんで〜!

子分があれやからな〜、親分はもっと酷かったりして・・・?!
あ〜、明治維新ならぬ、平成維新を起こす若き獅子は現れぬのか?

国民が元気になる便りを送って〜〜!!
♪森一番の〜!
2009/ 2/21 19:30

小生の愛娘も幼稚園に通いだして早一年になる。
ほんと早いものだ。
同じ年の子供を持つ世間の親御さん達も同じように感じてはると思う。

入園したばかりのひと月、ふた月は、毎朝ブルーになっている娘を嫁さんが手を引いて登園していた。

今じゃ、「明日はお当番さんだから風邪なんかで休んでられないの!!」なんて言っている。

今日は、学年最後の発表会があった。
クリスマス会もあったが、お遊戯というかお芝居みたいのは初めてだ。
親も爺婆たちも気が気では無いが、先生もヒヤヒヤしてはるようだ。
一番しっかりしてるのが子供たちなのかも?!(笑)
写真は、出番を待っているところ。

娘は、小生を見つけて「イエ〜イ!!」といいながらハイタッチをして舞台へ。

小生の今日の参観は、これでもう十分。

このあと、♪森一番の〜!!物知り博士だよ〜!!と元気で大きな歌声が園内にこだました!!



39蔵勢揃い!!
2009/ 2/19 20:01

「立春朝搾り」と云えば、もうこの日記をご覧頂いている皆さんは、「ようわかってる!!」と言いはると思いますが・・・。

我々、酒屋や蔵元、そして企画取りまとめをされてる日本名門酒会は、反省会というか、お疲れ様でしたということで三者の交流会を行ってます。それが、今日神戸の某所でありました。

酒蔵や、全国の酒屋さんの活動事例などを聞き、そうそう、アンケートはがきも結構回収されているそうですよ。
その後、写真の試飲会がありました。

この「立春朝搾り」の企画も1998年からはじまり、少しずつ蔵元も増え、今年は全国34都道府県 39蔵の立春朝搾りが催され、そのすべてが並び総利きです。

いろんな蔵元の個性が出ており、うす濁りのや結構にごってるものもありました。

いや〜立春朝搾りの奥の深さを感じて帰ってきました。

みなさん、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
復興の一本
2009/ 2/18 20:00

2007年7月16日(月)午前10時13分、突然襲った新潟県中越沖地震。

最大震度6に見舞われた「越の誉」本社社屋も歴史を刻む西蔵、製品倉庫が崩壊し、瓶詰め後の酒1万本強が割れるなど甚大な被害に見舞われた。
テレビのニュースでも当初から「越の誉」さんの状況は、写し出されていた。
震災にあった神戸の我々としても、気が気ではなかった。

しかし、崩れ落ちた酒蔵も翌年の9月24日に見事「和醸蔵」として蘇った。

その「和醸蔵」でお酒として最高の仕上がりが約束できる大寒の時期に仕込みを行って醸し出した、和醸蔵の初蔵出しの記念酒が、この「越の誉・和醸蔵初出し 無濾過純米大吟醸生原酒」

タイトルに「復興の一本」と書いたのは、価格にもある。
どっかのテレビショッピングの通販会社の社長風に・・・。1800mlで3,150円。720mlで1,575円となっております!!
(おお〜〜〜、うぁ〜〜、へ〜〜!!)お客様の声のつもり・・・。

契約栽培された酒造好適米「高嶺錦」(たかねにしき)を100%使った純米大吟醸原酒で・・・。

もちろん、中身もまろやかで香り立つ華やかな味わい。フレッシュでフルーティーな爽やかさ!!

兎にも角にも、びっくりなお酒です。お早めに!!

ぷち梅だ〜!
2009/ 2/16 20:12

神戸酒心館から梅の便りが届いた!!
「神戸発泡梅酒」180mlとかわいいサイズ。

一年で梅酒の購買が何回か上がるが、この2月後半から3月にかけてがその一つ。

何故だろう・・・?
梅が咲くからか?!

そうもう一つが、梅の実が出る頃、これから漬けるという時に人は飲みたくなるようだ。
出来るのは、半年先なのに・・・。

それともうひとつは、夏。
きっとこれは、暑くて体が本能的に欲しがるのだろう。
間違いない!!(古〜〜。)

ま、その話は、このへんで・・・。

そうそう「神戸発泡梅酒」は、日本酒で漬け込んでんるので、やわらかなさっぱりとした発泡梅酒。
発泡は、そんなに強くないので炭酸が苦手な方でも大丈夫そう。

先日のバレンタインのお返しに、ちょっと良さそう!!

は〜〜くっさめ!!
2009/ 2/14 20:02

しばらくぶりです。
とうとう小生も子供たちの?(きっと)風邪をもらってしまいました。グジュ・・・。

今はやりのインフルエンザでは無いようで、熱は39度ほどで落ち着いたものの、微熱と咳・鼻水が・・・ごふぉ・グジュジュ・・・。

お客様に風邪でご迷惑をかけないようにとマスクをしたものの、配達で行くとこどこで「どうしたんや?」と・・・・。

いや〜、みんなにご心配いただき感謝感謝!!
たまには、病気も?いっか〜てか?!(笑)

もう大丈夫です!

梅は咲いた〜か!?
2009/ 2/ 9 19:17

先週末、大阪天満宮の梅が咲いたとの便りが届きましたが、当店も「梅の月」が届きました。(ベタですみません)

陰暦2月如月を別名「梅見月」と言ったそうだ。
それに合わせて、岡山・嘉美心さんが「梅の月」を春の訪れを告げるお酒として、限定で醸された白桃酵母仕込みの純米にごり酒。

また、立春朝搾りと同じ大浦神社の祈願酒!!

しっかりと家内安全を祈願された、トロリとしたなめらかな舌触りを楽しめる一本!!
立春朝搾りを呑んだ方も、呑めなかった方も・・・。

さく〜ら〜は、まだかいな?!
立春です!
2009/ 2/ 4 20:52

行ってきました〜〜!!

「立春」 例年より暖かいとはいえ、朝は冷えます。
白い息の中、富久錦さんの社長 稲岡幸一郎氏のあいさつで始まりました。
兵庫県の酒屋はもちろん、大阪からも参加の酒屋さんもあり約50名くらいでの作業開始。

昨夜から搾っていたお酒が、搾りあがり瓶詰されて我々のいる作業場に運び込まれる。

もう、みんな手順、段取りは、勝手知ったるもの。
銅張りを貼る者、肩張りを貼る者、箱詰めす者・・・。
黙々と作業が進んでいく。

作業を始めて約1時間半ほどで終了。

日吉神社の林宮司のお祓いを受け、無事終了です。
そうそう、宮司さんのいいお話がありました。
立春朝搾りのお酒は、「思い出をつむぐお酒」だということでした。年一回だけのメデタイお酒は、人と一緒に飲んだり、人に贈ったりとそこに特別な思い、思い出がはぐくまれる。といったことでした。

納得、納得!!

帰ってから、まずは味見!
第一印象は、口当たり、搾りたてにして柔らかい。でも、あとで酸と辛味がしっかりと感じられるお酒。

ぞくぞくとお客様もご来店!!
ご祈願の札を掛けニコニコとお持ち帰り!!

小生も今夜は、立春朝搾りで一献といきませう!!

友、遠方ヨリ来タル
2009/ 2/ 3 20:38

小生が、この酒業界に入ったのは24年前にもなる。
お〜そんなになるのか・・・・。
いやいや、そうゆうことでなく・・・。

小生も最初は、稼業を継ぐ前に修行?!に出たわけで。
そこは、明日「立春朝搾り」にお邪魔する「富久錦」さんに7年半ほどの間お世話になったわけで・・・。

その時に、よ〜く一緒に仕事?(遊んでた)をした高知県の「司牡丹」さんの営業 ナベちゃんが営業?遊びに来てくれた。

相変わらずダンディーなナベちゃんだが、今回の来神は、大問屋さんの展示会がポーアイであるそうだ。
「司牡丹」さんも高知周辺の酒屋さん対象に「立春朝搾り」をしてはるわけで・・・。

明日は?の問いかけに

オレは、こっちで!とニヤリ。

今夜は、誘わんといてよ!!と三宮に送り届け、今夜は小生、明日の準備に追われています。(涙)

その帰り道・・・。
嘉美心の姫井常務とナベちゃんと小生の三人を「悪ガキ三羽トリオ」って賀茂泉の前垣副社長に言われたのをふと思い出した。
それもこれも若気の至りと言うことで・・・。(苦笑)

只今 仕込み中!
2009/ 2/ 1 20:39

いよいよ、2月に入りました!!

2月3日の節分ばかりが、表だっての行事となってますが、その翌日 2月4日は立春なのです!!

そして、その立春の早朝「立春朝搾り」が、今年も誕生します。

写真のお札は、その「立春朝搾り」にご注文いただいた皆様の「ご祈願」の札
一枚一枚、大切にお名前、ご祈願の内容を書かせて戴いてます。

このお札を持って、朝4時過ぎに当店を出発し、加西の蔵元 富久錦さんに行って、ラベル貼りなどのお手伝いをして近くの日吉神社の神主さんによる「お祓い」をうけて持ち帰って来ます。

今年は、その蔵での模様をサンテレビ(阪神タイガースファンには無くてはならない神戸ローカルTV局)さんが取材に来られるとか・・・。
夕方のニュースで出るかも??

準備も、もう少し!!
皆さん、楽しみにお待ち下さいね!!



神戸酒屋 酒の美味小家 てらむら Copyright sake-teramura.jp. All rights reserved.